このページの先頭

WELCOME TO MIYAZAKI JAPAN 2016 THE 24th WALG CHAMPIONSHIP

トップページ > 世界大会

世界大会

過去の大会結果 GUIDANCE OF A CONVENTION

開 催 日 2016年4月17日〜21日
第24回世界レフティゴルフ選手権宮﨑大会
開催数 第24回 ホスト国 日本 参加人数 レフティ232人 パートナー134人
開催場所 日本 宮﨑県
団体優勝 オーストラリア

大会のご報告 REPORT

  •  
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  •  
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4月17日から第24回世界レフティゴルフ選手権宮﨑大会が始まりました。
13日からはマッチプレイの大会であるジェームス・カップ・インターナショナル(JCI)が開催されました。
会場は宮﨑レイクサイドゴルフ倶楽部で、100以上のレイクが配置された美しいレイアウトのゴルフ場で参加者全員が大絶賛で、中には ”今までプレーしたゴルフ場の中で一番美しい” と言ってくれる方までいて皆大喜びでした。マッチは日本、北米チームとオーストラリア・欧州チームが対戦し、日本・北米チームが大勝しました。
JCI開催真っ只中の14日に発生した地震は本当に想定外でした。
イベントは生き物なので何が起こるか分からないものですが、隣の県で大地震が起こるなどということは流石に予想不能でした。2013年に予定していた北海道での世界大会は正に、東日本大震災の地震で、主には福島原発事故によりキャンセルを余儀なくされたので、それでもう禊は済んだはずだったからです。
16日の真夜中に起きた本震とされる強い揺れの後はすでに到着していた参加者の中に大きな動揺が走り、一時は開催も危ぶまれましたが、約400名だった総参加数の一割弱の37名のキャンセルに止まりました。それも被災地である熊本支部の皆さんとか、台湾の高雄から来ようしていた17名のグループが熊本空港着であるための不可抗力によるキャンセルなどで、地震が怖くてという理由でキャンセルになったケースはほんの一握りでした。
もちろん、大変な葛藤を乗り越えて参加することを決意したという話は沢山の方から聞きました。
16日から17日に続々とチェックインのために到着する参加者の姿に感動を覚えずにいられませんでした。
フライトスケジュールの関係で福岡着のグループは出発の時からその先の困難を承知のうえで6時間もバスに揺られて大会前夜8時前に宮﨑に到着しました。
この方たちを心を込めておもてなしをしなくてはと、決意を新たにしたものでした。
4月14日、16日に発生しました熊本地震に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
大会最後の22日の表彰式パーティで参加者の皆さんに義援金をお願いしたところ50万円が集まり宮﨑日々新聞社を通して4月25日に熊本支援の窓口にお送りしました。ご協力ありがとうございました。
*********************************************
世界レフティゴルフ協会会長リチャード・ダビソン氏 表彰式パーティ挨拶
日本語版

ご列席の皆様

このような素晴らしい大会を開催していただき、参加の全選手に代わり厚く御礼申し上げます。

第24回世界レフティゴルフ協会宮﨑大会、大会会長脇 勉・三映ご夫妻とチームの皆様のご努力によりWALGの大会に於いてこのような高いスタンダードを維持することが可能となりました。

将来においても、ゴルフを楽しみ、友情を育むこの大会がこのような良い基準で開催されることを望みます。

先に開催されましたジェームス・カップ・インターナショナルはゴルフコースも運営も素晴らしく参加者から感動と共に最高の賛辞を得た思い出の大会になりました。

WALGは新しく組織されたNALG中国を新しい仲間として歓迎するとともに、今後長く友情を育んで行きたいと願っております。

私はこのトーナメントは「感動の宮﨑」として記憶されると確信します。

ご臨席の皆さん、この大会を開催していただいたホストの方達に、その功績に値する、スタンディングオベーションで私たちの感謝の意を示しましょう。

有難うございました。

英語版

Speech made by Chairman of WALG Richard Davison at the Prize Giving Party

Ladies and Gentlemen, Honorary guests.............................................................

 It gives me great pleasure on be half of all competitors to give the highest of praise to a organizing committee which has put on such a moving experience.

 W.A.L.G. Vice Chairman Tom Waki his wife Mie and their team have delivered to W.A.L.G. a Tournament which maintains the highest of standards available.

 The courses played, the friendship displayed and the standards up held place W.A.L.G. Tournaments in good steed for the future.

 The J.C.I. was played with the usual amount of enthusiasm on a course which received the highest of accolades from all competitors and all will go home with great memories.

 China has now formed  N.A.L.G.C. and we welcome them with enthusiasm and look foreword to a long and friendly relationship.

 I think this Tournament should be remembered as (Moving Miyazaki) and ask that you all show your appreciation by giving our Hosts the ovation which they deserve

 Thank You All.

*********************************************

 

尚、フェニックスカントリークラブで撮影した各組毎の写真は到着次第アップしますのでお楽しみにお待ち下さい。

大会の模様 GALLERY

 

第24回世界レフティゴルフ大会の表彰式パーティが始まりました。

 

スムーズに進行してくださった和田さん、寝る暇も惜しんで成績管理を担当頂いた

事務局長 山田直也さん、国際委員長 昌武良昭さん、日本旅行 室住 良さん、

写真はありませんがabcコーポレーションの安部 敏さん、日本旅行の福岡さん、

縁の下の力持ちの皆さんのおかげで大会は成功できました。ありがとうございました。

 

写真上左 各部門優勝者、写真上中 国別対抗戦優勝国 オーストラリア、

写真上右 テン・タイムズ受賞者 写真中左 ホールイン・ワン達成

写真真中フラッグセレモニー 大会は日本からオーストラリア、メルボルンへ

写真中右 脇 勉会長から次期大会会長 トレバー・ゴールディング氏にWALG大会旗が手渡されました。

 

約400名ほどのご参加をいただいた表彰式パーティでした。宮﨑牛を始めとする美味しいお料理に大満足、思い出深い大会となりました。

 

各フライト一位の皆さん。おめでとう御座います。

メンテナンスの行き届いた、木々の新芽も美しいゴルフコースで4日間ゴルフと友好を楽しみました。

 

大好評だったホスピタリティールーム、人気の鏡開きの際のハッピを着ての記念撮影、毎晩仲間とテーブルを囲んで旧交をあたためたレフティ達です。

 

ウエルカムパーティが始まりました。リチャード・ダビソンWALG会長の挨拶に始まり、鏡割り、アメリカから参加のレフティが飛び入りで得意のカントリーを披露など、大会の成功を予感させる楽しいひと時でした。

 

17日日曜日には選手登録が行われました。熊本地震が直前に発生し、一時は開催も危ぶまれましたが続々集まるレフティのみなさんの熱気に感動を覚えました。

 

The 9th James Cup International

Miyazaki Lakeside Golf Club   13April – 15April 2016

ジェームス・カップインターナショナルに参加した皆さん。天気もゴルフ場も最高の大会でした。

 

ジェームス・カップ・インターナショナルマッチプレーの大会で今年は日本・北アメリカ VS オーストラリア・ヨーロッパのチームで戦い、日本・北米シームが大差で優勝しました。。

 

一覧へ戻る