このページの先頭

WELCOME TO MIYAZAKI JAPAN 2016 THE 24th WALG CHAMPIONSHIP

トップページ > 全日本大会

全日本大会

過去の大会結果 GUIDANCE OF A CONVENTION

開 催 日 2013年11月3-4日(日,月)
第20回全日本本部主催稲取大会
開催数 第20回 主催支部 本部 参加人数 89名
開催場所 静岡県 稲取カントリークラブ
全日本大会の優勝者(スクラッチ・フライト制)
オープン部門 堤 利一(東京城北) スコア グロス 76/39 115
シニア部門 松田 忠(福島) スコア グロス 76/46 122
Sシニア部門 近藤 敏弘(中部) スコア グロス 86/45 131
レディース部門 山崎 昭子(福島) スコア グロス 90/43 133
備 考 10月28日に逝去された川上哲治名誉会長のご冥福をお祈りいたします。

大会の成績

大会のご報告 REPORT

  •  
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  •  
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第20回日本レフティゴルフ協会全日本大会は11月3日4日、静岡県の稲取カントリークラブにて開催されました。海と山の自然に恵まれた風光明媚な伊豆半島での大会で、名物金目鯛など鮮魚に舌鼓を打ち、広大な敷地に展開する36ホールのコースを楽しみました。

 

大会直前に1994年の設立から10年間協会の会長を勤められた、川上哲治名誉会長の訃報に接し協会員一同悲しみに包まれました。

 

 

大会前日に開かれた理事会ならびに懇親会では前名誉会長を偲んで黙祷を捧げました。

 

 

大会第1日目、最近の全日本大会としては好天で一同、上機嫌でスタート。夕方から開催された当夜祭では全日本20回目の記念の大会ということで、協会と支部への特別功労者と全日本大会15回以上の参加者が表彰されました。

開場では浴衣姿で出席OKで大変リラックスした雰囲気のなか、豪華で美味しい夕食を頂きながらの和やかなひと時を過ごす事ができました。

 

第2日目は雲が厚く怪しい天気でした。スタート時は大雨で大急ぎでレインコートを着用、それでもなんとか18ホールできますようにと願いながらのプレイでしたが、しだいに小雨となり全員ハーフを終えやれやれとお昼をいただき後半のスタートとなりました。ところが折り返し間もなく霧が立ちこめ残念ながら中止を余儀なくされ、全日本大会3連続の中断となりました。

 

ゴルフは中断してもレフティの友情が途切れる事はありません。

 

お世話くださった皆さんお疲れさまでした、そしてありがとうございました。

来年の全日本大会は山陰支部主催で鳥取県で開催されます。

 

来年こそ、36ホール完遂できますよう!!!

 

功労賞の受賞者はギャラリー(写真群)の下部からご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大会の模様 GALLERY

功労賞・特別賞

一覧へ戻る